日本Shuttle、CrossFire対応のキューブ型ベアキットPC

ニュース

2007/12/10 10:14

 日本Shuttleは、CrossFireテクノロジに対応するキューブ型のベアキットPC「Shuttle XPC SX38P2 Pro」を12月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万3800円前後の見込み。

 インテルのX38チップセットを採用し、最新45nmプロセッサにも対応。CPUは「Core 2 Duo」「Core 2 Quad」「Core 2 Extreme」を搭載でき、マザーボードのコンデンサには、耐久性の高い固体コンデンサを採用した。

 PCI Express x16スロットを2基装備し、2枚のビデオカードで並列処理をしてグラフィックスの性能を向上させるCrossFireテクノロジに対応する。発熱対策として、CPUやチップセット、ビデオカードなど他のデバイスへのエアフローを異なるラインにする「OASIS Cooling Technology」も採用しており、効率的な冷却が可能。ファンの回転数を抑えられるので、静音化にも一役買っている。

 このほか、Windowsや会員制サイトへのログインに便利な指紋認証機能や、簡単にPC同士のデータ共有ができるUSB Speed-Linkを搭載。電源ユニットの出力は450Wで、80%以上の高い電力消費効率を達成した。本体サイズは幅210×奥行き325×高さ220mm。

オススメの記事