マイクロソフト、15の企業が作成したWindows Vista用ガジェットを提供

ニュース

2007/12/03 10:11

 マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は、15社が作成したWindows VistaサイドバーガジェットやWindows Liveウェブガジェット17種類を、「Windows Live Gallery」ベータで提供開始した。

 ガジェットを提供する企業は、i.JTB、大塚製薬、佐川急便、サンリオ、ジュピターショップチャンネル、全日本空輸、東京ニュース通信社、20世紀フォックス映画、ニッセン、日本航空インターナショナル、ニューバランス ジャパン、野村不動産、ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、リクルート、ワーナー エンターテイメント ジャパンの15社。

 また、また各ガジェットを紹介、ガジェットへの理解を促進する「マイクロソフト・オフィシャルガジェット特集」サイトもオープンした。特集のイメージキャラクターにはタレントのデーブ・スペクター氏と小川奈那氏が起用され、ガジェットの魅力を紹介する動画を公開する。なお、同サイトの掲載期間は11月30日から08年2月29日まで。

マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/
「Windows Live Gallery」=http://gallery.live.com/
「マイクロソフト・オフィシャルガジェット特集」(MSN)=http://feature.jp.msn.com/gadget/
「マイクロソフト・オフィシャルガジェット特集」(マイクロソフト)=http://www.microsoft.com/japan/athome/gadget/default.mspx

オススメの記事