ソフマップ、「ヤマギワソフト」各店を「ソフマップ」にリニューアル

ニュース

2007/11/14 20:35

 ソフマップ(野口進社長)は11月14日、「ヤマギワソフト横須賀店」「ヤマギワソフトかわぐちキャスティ店」「ソフマップ名古屋駅ナカ店ヤマギワソフトコーナー」「ヤマギワソフトナディアパーク店」の店舗名について、11月15日から「ソフマップ」に変更し、売り場もリニューアルすると発表した。「横須賀店」と「川口駅前店」が11月15日、「名古屋駅ナカ店」が12月4日、「ナディアパーク店」が12月5日にそれぞれオープンする。

 4店では、音楽CDやDVDのほか、新品・中古TVゲームの取り扱いを強化。ソフト専門の「ソフマップ買取センター」を併設し「下取、買い替え」サービスも始める。さらに「ソフマップカード」が利用できるようになり、全国のソフマップ店舗やネットショップ「ソフマップ・ドットコム」と同様のサービスを提供する。また「ヤマギワソフトポイントカード」から「ソフマップカード」へのポイント移行も受け付ける。

 ヤマギワは02年8月、照明やインテリア事業への経営資源集中にともなって、同社のソフト関連事業「ヤマギワソフト」の営業権をソフマップに譲渡。これを受けソフマップではこの9月から、秋葉原地区のヤマギワソフトを皮切りに順次店名を「ソフマップ」に変更しながらリニューアルを進めている。

ソフマップ=http://www.sofmap.com/
「ヤマギワソフト」=http://www.yamagiwasoft.com/


■関連記事
ソフマップ、秋葉原に初の家電総合店、オープン初日に約700人が行列
ソフマップ、最大10年の延長補償制度、パソコン・テレビ対象では業界初

オススメの記事