マウスコンピューター、宇宙旅行ソフト付きノートPC、ビックカメラなどで

ニュース

2007/11/08 14:32

 マウスコンピューター(小松永門社長)は、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U)が開発した4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」を収録した書籍「宇宙旅行シミュレーション」を同梱したノートPC「LB-KAGUYAVP」を、ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)とソフマップ(野口進社長)で発売した。

 ビックカメラはパソコン館池袋本店/新宿西口店/有楽町店で、ソフマップ秋葉原パソコン総合館/大阪なんばザウルス2 ハード館で販売するほか、両社のネットショップでも販売する。価格は14万9800円。

 「Mitaka」は、PC上でプラネタリウムのように星空を再現したり、太陽系や銀河系、137億光年の宇宙の果てまで、自由に旅できるソフト。書籍では、基本的な操作のほか、日食や木星食、カッシーニの土星最接近などの天文イベントを再現する方法や各天体の解説、豆知識なども紹介。初回出荷分限定で、アンドロメダ銀河の画像を用いたマウスパッドも付属する。

 ノートPCは、WXGA表示に対応する15.4インチワイド光沢液晶ディスプレイを装備。CPUにはFSB800MHzに対応したCore 2 Duo T7250(2GHz)を採用、NVIDIAのモバイル向けDirectX 10対応GPU「NVIDIA GeForce 8600M GS」も搭載し、高画質な3次元グラフィックス・映像処理が行える。

 テレビや大型ディスプレイなどと接続できるHDMI端子や130万画素のWebカメラも内蔵した。OSはWindows Vista Home Premium。本体サイズは幅360×奥行き272×高さ24?37.2mm、重さは約3kg。また、365日24時間の電話テクニカルサポートサービスと、1年間の無償保証が付属する。

マウスコンピューターhttp://www.mouse-jp.co.jp/
ビックカメラhttp://www.biccamera.com/
ソフマップ=http://www.sofmap.com/


■関連記事
本日の機種別ランキング【ノートPC】
マウスコンピューター、11万円台からの13.3インチワイド液晶搭載ノートPC
マウスコンピューター、リネージュII ファーストスローン カマエル推奨PC

オススメの記事