SCEJ、PS2の新モデル、PSPの限定色モデルをクリスマス商戦向けに投入

ニュース

2007/11/07 14:18

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は11月6日、家庭用ゲーム機「プレイステーション 2(PS2)」の新モデル「SCPH-90000シリーズ」を11月22日に、携帯用ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の限定色「ディープ・レッド」モデルを12月13日に発売すると発表した。

 「SCPH-90000シリーズ」は、現行モデル「SCPH-79000シリーズ」の機能・性能はそのままに、本体各部を新たに設計、デザインして総重量を軽量化した。また、本体と外部接続していたACアダプタを内蔵し、省スペース化も図った。

 カラーバリエーションは、現行モデルと同じ「チャコール・ブラック」「セラミック・ホワイト」「サテン・シルバー」の3色。同時発売する専用縦置きスタンドも同じ3色を用意する。価格は「SCPH-90000シリーズ」が1万6000円、専用縦置きスタンドが1500円。



 より高性能な後継機「PLAYSTATION 3(PS3)」の販売に力を注いでいるこの時期に、「PS2」の新モデルを発売することについて、同社は「PS2の人気はまだまだ高い。10年間販売してきたPSと同様、PS2も、あと2-3年販売していく」(同社広報)と説明。しばらくは「PS3」と並行して販売するとしている。

 一方、PSPの新モデル「ディープ・レッド」は、軽量・薄型化を図った「PSP-2000」と、アクセサリや周辺機器をセットにして数量限定で販売する。



 ラインアップは、PSP本体とポーチ、ストラップ、クロスと、ゲームデータを保存する32MBの「メモリースティック デュオ」をセットにした「PSP Deep Red バリューパック」、PSP本体とワンセグチューナー、ストラップ、クロス、PSPを立てかけられる専用スタンド、PSPとワンセグチューナー本体を装着したまま収納できるポーチ、1GBの「メモリースティック PRO デュオ」をセットにした「PSP Deep Red ワンセグパック」の2モデル。

 価格は「バリューパック」が2万2800円、「ワンセグパック」は2万9800円。また同日に、ACアダプターを使うよりも短時間で充電できる「バッテリーチャージャー」を発売する。「バッテリーチャージャー」のサイズは幅46×奥行き88×高さ36mmで、重さは90g、価格は3800円。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン=http://www.scei.co.jp/
「プレイステーション オフィシャルサイト」=http://www.jp.playstation.com/


■関連記事
SCEJ、PSP専用コンテンツのダウンロードサービス、PCから利用可能
SCEJ、40GBのHDDを搭載した3万9980円の新「PS3」、現行モデルは値下げ
SCEJ、全6色の新型PSPを1万9800円で9月20日発売、専用ワンセグチューナーも

オススメの記事