リンクス、台湾Walton Chaintechと総販売代理店契約、PC用メモリを販売

ニュース

2007/11/02 10:25

 リンクスインターナショナル(川島義之代表取締役)は、台湾のメモリモジュールメーカーのWalton Chaintechと総販売代理店契約を締結した。Walton Chaintechのメモリモジュールブランド「APOGEE(アポジー)」を日本で販売する。

 デスクトップPC用のDDR2 SDRAM DIMMメモリとDDR3 SDRAM DIMMメモリ、ノートPC用のDDR2 SDRAM SODIMMメモリと、DDR SDRAM SODIMMメモリのパッケージ販売を始める。Walton Chaintechは、ウェハーインからモジュールアウトまで自社工場で生産。研究開発グループの強化と製品クオリティの厳密なチェックによる品質の高さが特徴という。

 メモリチップにはエルピーダ純正チップを採用し、厳密な100%バーインテストで不良率0.04%を実現する。なお、「APOGEE」とは、天文学用語で遠地点、極点、最高点という意味。

リンクスインターナショナルhttp://www.links.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【PC用内蔵メモリ】
リンクスインターナショナル、18dBA以下の静かさ実現した電源ユニット
リンクス、Vistaの「MCE」と連動するボリュームコンローラ付きPCケース
リンクス、安定性重視したENERMAX製PC用電源ユニットの日本限定モデル

オススメの記事