プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は10月26日、厚さ5mmの薄型ペンタブレット「Slim Tablet」シリーズで、本体サイズがA5程度のコンパクトモデル「Slim Tablet mini(PTB-ST5)」を11月中旬に発売すると発表した。同時に、通常サイズのペンタブレットに便利なソフトが付属する「らくらくフォトデザイナーセットプラス(PTB-ST12PS)」も発売する。

 「Slim Tablet mini」は、本体がA5サイズ程度、入力エリアの厚さが5mmとコンパクトで持ち運びも便利なのが特徴。22個のマクロキーを搭載し、よく使うソフトやショートカットを登録することで効率的に操作できる。また、販売中の「Slim Tablet」と同じく、1024レベルの筆圧レベル検知に対応し、ビジネス用途からイラスト描きまで対応する。

 PCとはUSBで接続し、OSがWindows Vistaならドライバをインストールすることなく使用できる。文字や図形を手書きで入力できる「Free Notes」や、オフィス系ソフトにタブレットで入力できる「Office INK」、パワーポイントでのプレゼンテーションに活用できる「Power Presenter」、脳トレ系ゲームの体験版など6つのソフトも付属する。

 読み取り範囲は5×3インチ(1227×76.2mm)。本体サイズは幅190×奥行き150×高さ9mm、重さは320g。対応OSはWindows Vista/XP/2000と、Mac OS X 10.2.8以降。価格はオープンで、実勢価格は6800円前後の見込み。

 「らくらくフォトデザイナーセットプラス」は、アドビ システムズの画像編集ソフト「Photoshop Elements5.0」をはじめ、輪郭線を自動で検出する「ニューロペン」などの機能を備えた総合デジカメ活用ソフト「デイジーコラージュ10」、かわいいプリクラが簡単につくれる「ぷち・ペンし?る」(14日限定体験版)、コーレルのデジタル現像ソフト「Paint Shop Pro Photo X2」(1か月限定体験版)など計9つのソフトが付属する。

 タブレット本体は8月に発売した「Slim Tablet」と同じ。読み取り範囲は「Slim Tablet mini」より大きい10インチ×6.25インチ(254mm×158.75mm)。また、「Slim Tablet mini」より多い29個のマクロキーを搭載する。価格はオープンで、実勢価格は1万4800円前後の見込み。

 さらに同社は、「年末特別キャンペーン」として、「Slim Tablet」「らくらくフォトデザイナーセットプラス」に、それぞれアスキーが発行する年賀状作成ソフト付きムック「筆まめでつくるかんたん年賀状2008」をセットにした特別版「キャンペーン版スリムタブレット」「キャンペーン版らくらくフォトデザイナーセットプラス」を限定3000本で11月上旬に発売すると発表した。

 「筆まめでつくるかんたん年賀状2008」は、クレオの年賀状作成ソフト「筆まめVer.17ベーシック」と3500点以上の素材、毛筆系書体フォントなどが付属したムック。価格はオープンで、実勢価格は「キャンペーン版スリムタブレット」が9800円前後、「キャンペーン版らくらくフォトデザイナーセットプラス」は1万4800円前後の見込み。

プリンストンテクノロジー=http://www.princeton.co.jp/
「Slim Tablet mini」
「らくらくフォトデザイナーセットプラス」
「年末特別キャンペーン」


■関連記事
本日の機種別ランキング【タブレット】
プリンストン、厚さ5mmで疲れにくいタブレット、Photoshop Elements付きも
プリンストン、ウェブカメラ「i-Search」にUVC対応の130万画素モデル
プリンストン、第2世代iPod shuffle専用USB充電ケーブル、ケース一体型で