ユニデン(大森聡社長)は10月26日、フルハイビジョン(フルHD)対応モデルなど液晶テレビ5機種と、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー1機種を発売すると発表した。10月29日から予約を受け付け、11月上旬から順次出荷する。


 同社の直販サイト「ユニデン ダイレクト」で販売するほか、法人向けにも提供。42V型のフルHDモデルで20万円を切るなど、価格的メリットを前面に押し出したラインアップを揃えた。

 液晶テレビは、フルHD対応の42V型「TL42DZ1」と37V型「TL37DZ1」の、ハイビジョン対応の32V型「TL32DX1」、27V型「TL27DX1」、20V型「TL20DX1」の合計5機種で、それぞれブラックとホワイトの2色を用意。また、いずれも地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵し、電子番組表やデータ放送、双方向サービスにも対応する。



 全機種で原色を忠実に再現する「ガンマ・オプティマイゼーション」を採用。引き締まった黒の表現が可能になったという。入力端子にはHDMI端子を2基搭載、音質面では映画やゲームなどの音を重低音と立体音場で再生するサラウンド技術「SRS TruSurround XT」を搭載。臨場感あふれるサウンド表現が可能という。

 価格は「TL42DZ1」が19万9800円、「TL37DZ1」が15万9800円。「TL32DX1」が9万9800円、「TL27DX1」が8万9800円、「TL20DX1」が7万9800円。

 片岡憲保・取締役デジタル家電事業本部長は、「現在の液晶テレビは、『さらに薄く』や『壁掛け設置が可能』といった付加価値商品が多い。ただ、付加価値を求めずにハイビジョンだけ楽しみたいと思っているユーザーも少なくない。(付加価値の高い)ハイエンド商品を追求するのは簡単だが、手頃な価格帯を重視し、そのなかでどこまで基本性能を高められるかという観点から開発した」と開発の狙いを語った。



 一方、ハイビジョンチューナー「DT300」は、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応。HDMI出力端子、D出力端子、Sビデオ出力端子、コンポジットビデオ出力端子を各1系統ずつ搭載した。デジタル音声出力にも対応し、サラウンド放送の番組を臨場感豊かなサウンドで楽しめる。また、テレビ同様、デジタル放送の電子番組表、データ放送、双方向サービスに対応する。



 価格は2万9800円で、発売日は12月初旬。カラーはブラックとホワイトの2色を用意した。片岡氏は、「9月のBSアナログハイビジョン放送の停止で、デジタル放送への移行が本格化し需要が強まる。地上・BS・110度CSの3波に対応でこの価格は決して高くない」と値ごろ感を強調した。

ユニデン=http://www.uniden.co.jp/
「ユニデンダイレクト」=http://www.uniden-direct.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶テレビ】
本日の機種別ランキング【デジタルチューナー】
ユニデン、地デジの受信環境を改善する卓上UHFブースター