日本産業デザイン振興会(JIDPO、山口信夫会長)は10月25日、2007年度のグッドデザイン賞大賞を発表、三洋電機の「eneloop universe products」が受賞した。




 グッドデザイン賞は、今年が51回目の開催。今回から内閣総理大臣賞となり優れたデザインを表彰する国民的コンテストになった。大賞を受賞した「eneloop universe products」は、充電式カイロ、充電式ポータブルウォーマー、ソーラー充電器セット、USB出力付充電器セット。充電してくり返し使うことをコンセプトにした製品群で、環境とデザインを両立した製品として高く評価された。

 選出方法は、大賞候補6社・団体が各ノミネート作品について5分間のプレゼンテーションを実施。その後、今年度のグッドデザイン賞を受賞した1043社と審査員による投票結果で選出した。今回は、上位2社の投票差が100票以内であったため、任天堂「Wii」との決選投票が行われた。



 プレゼンテーションした三洋電機の清水正人・ブランド本部アドバンスデザインセンター所長は、「Wiiでeneloop乾電池を使用しています」と相手を称えたのち、「人と『eneloop』の関係は社会を変える。環境問題に気付いてもらうきっかけをつくっていきたい」と述べた。

日本産業デザイン振興会=http://www.jidpo.or.jp/
三洋電機=http://www.sanyo.co.jp/
「グッドデザイン賞」=http://www.g-mark.org/


■関連記事
JIDPO、「グッドデザイン大賞」候補6件を発表、「Wii」などがノミネート