イーフロンティア、3Dの住宅を自由にシミュレートできるデザインソフト

ニュース

2007/10/24 10:16

 イーフロンティア(安藤健一社長)は、建てたい家やリフォームのイメージをリアルな3DCGでシミュレーションできる、3D住宅デザインソフト「Shade Home Design」を11月30日に発売すると発表した。価格は1万2390円。

 玄関やトイレ、リビングなどの住宅部品をパズルのように並べることで、間取りをプランニングできる。国内有名メーカーの実在するキッチンやバス、トイレ製品をはじめ、さまざまな家具や住宅設備などの形状データをバリエーション豊富に用意。建築部品データは1000点以上。材質データも500点以上収録した。

 また、間取りプランの作成と同時に3Dプレビューが立ち上がるので、完成予想をリアルタイムに確認しながら理想の家をデザインできる。さらにデザインした家は、照明シミュレーションにも使われる光の計算方法ラジオシティを用いてリアルな画像に仕上げられる。自然光や照明器具の設定で表現する光の色合いや明るさも、デジタルカメラの「露出調節」や「ホワイトバランス」、「日照モード切り替え」に相当する機能で簡単に調節可能。PCの画面上で部屋の中を自由に歩いてチェックすることもできる。

 また、3DCGソフト「Shade」と高い互換性を持ち、作成した住宅データをShadeフォーマットで書き出したり、Shadeで作成した部品データを読み込ませることもできる。

イーフロンティアhttp://www.e-frontier.co.jp/
「Shade Home Design」=http://shade.e-frontier.co.jp/home/


■関連記事
本日の機種別ランキング【グラフィックスソフト】
イーフロンティア、「おはよう奥さん」とのコラボによる家計簿ソフト
イーフロンティア、簡単にオリジナル曲が作れる自動音楽生成ソフト

オススメの記事