ヤマハ、三角形の会議用マイクスピーカー、高性能エコーキャンセラーを搭載

ニュース

2007/10/22 14:33

 ヤマハ(梅村充社長)は、ウェブ会議用のコンパクトなUSBマイクスピーカー「PJP-25UR」を12月上旬に発売すると発表した。価格は6万3000円。

 「PJP-25UR」は、12個の狭指向性アレイマイクと2つのスピーカーを搭載し、B5ノートPCのサイズにすっぽり収まる三角形の小型ボディが特徴。同社の会議システムの上位モデルと同様の性能を持つ、高性能な適応型エコーキャンセラーも搭載した。2本のマイクアームは可動式で、会議シーンにあわせて集音範囲を設定できる。

 ステレオ再生機能も搭載しており、ウェブ会議や商談・インタビューの議事録記録用マイクのほか、PCと接続して音楽再生に利用することも可能。電源はUSBバスパワーで、別売りのACアダプタを使えばセルフパワー駆動にも対応する。サイズは幅229×高さ34×奥行き152mm、重さは570g。カラーはブラック。対応OSはWindows Vista/XP。

ヤマハhttp://www.yamaha.co.jp/


■関連記事
ヤマハ、Bluetooth対応モデルなど光沢ピアノ調仕上げの小型スピーカー3製品
ヤマハ、最大52型の薄型テレビに対応するシアターラックなど3モデル
ヤマハ、音にこだわる人向け「ハイグレード」アンプとCDプレーヤー

オススメの記事