マウスコンピューター(小松永門社長)は10月19日、13.3インチワイド液晶を採用し、インテルのモバイル向け最新プラットフォーム「Centrino Duo プロセッサー・テクノロジー」に対応したノートPC「LuvBook J130シリーズ」を、10月22日に発売すると発表した。同日11時から同社直販サイトと電話通販窓口、ダイレクトショップで販売する。

 WAGA表示に対応する13.3インチワイド光沢液晶ディスプレイを装備し、130万画素のWebカメラを内蔵したモバイルノートPC。CPUには、FSB800MHzに対応し、シングルスレッドでの高速化を実現する新しい「IDA(Intel Dynamic Acceleration)」機能をサポートした「Core 2 Duo T7250(2GHz)」を採用。チップセットにはパワフルなグラフィックス処理機能を実現するインテル グラフィックス・メディア・アクセラレータ X3100を内蔵した「GM965 Express チップセット」を採用し、従来のプラットフォームよりパフォーマンスを向上させた。

 メモリは標準で1GB、HDDは80GBを内蔵。このほか、DVD±R 2層書き込みに対応する8倍速DVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11a/11b/11g/11n(ドラフト)対応の無線LANなどを搭載する。外観はホワイトを基調としたシンプルなデザインで、メモリカードスロット、無線LANスイッチ、IEEE1394端子を本体前面に、マウスなどの周辺機器を接続するUSB端子を左右側面に配置し、使いやすさも高めた。本体サイズは幅303×奥行き225×高さ29?35mm、重さは約2.08kg。バッテリー駆動時間は約4時間。

 ラインアップは、OSにWindows Vista Home Premiumをインストールしたパフォーマンスモデル「LuvBook J130S」と、Windows XP Home Editionをインストールした「LuvBook J130SH」の2モデルで、価格はともに11万9700円。全製品BTOに対応しており、CPUやメモリ、HDDなどのカスタマイズも可能。

マウスコンピューター=http://www.mouse-jp.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【ノートPC】
マウスコンピューターとベスト電器、19/21.6型ワイド液晶付きオリジナルPC
マウスコンピューター、HDDを最大4TBまで拡張可能なホームサーバー
マウスコンピューター、PC買取保証サービス、パシフィックネットと提携で