ナナオ、29.8型ワイド液晶ディスプレイ、広色域パネルを初採用

ニュース

2007/10/19 10:30

 ナナオ(実盛祥隆社長)は10月17日、29.8型ワイド液晶ディスプレイ「SX3031W-H」を12月18日に発売すると発表した。価格はオープンで、同社の直販サイト価格は29万8000円。

 同社の液晶ディスプレイ「FlexScan」シリーズで、最大インチ・最大解像度のモデル。超高解像度WQXGA(2560×1600)に対応し、複数のツールパレットを開くことで、映像編集やCAD、DTP作業、地図情報などの表示やプレゼン用途にも活用できる。

 「FlexScan」シリーズで初めて、Adobe RGBカバー率97%、NTSC比100%の広色域パネルを採用。滑らかな階調表示と正確な色表現を行う12bitガンマ補正と16bit内部演算処理のほか、大画面での表示ムラを自動補正する「デジタルユニフォミティ補正回路」を搭載する。2画面表示にも対応し、例えばWindowsとMacintoshの2系統画面を同時に横に並べて表示することも可能。

 インターフェイスは、デュアルリンクや著作権保護技術「HDCP」に対応するDVI-D24ピンを2系統装備する。輝度は260cd/m2、コントラストは900:1。視野角は水平・垂直ともに178度。画面を縦方向に回転できるスタンドを備える。

ナナオ=http://www.eizo.co.jp/
「FlexScan」=http://www.eizo.co.jp/products/lcd/


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶ディスプレイ】
ベンキュー、Gシリーズ初のワイド液晶ディスプレイ2機種、HDMI搭載モデルも
液晶ディスプレイは用途で選ぶ

オススメの記事