東北大学、メタボの危険値は女性でウエスト80cm、家庭血圧も診断に有用

ニュース

2007/10/19 10:01

 東北大学は10月18日、地域住民を対象とした長期前向きコホート研究「大迫研究」のデータに基づき、メタボリックシンドローム(MS)の危険性がある女性のウエスト周囲径基準値は80cmであると発表した。これに伴い、家庭で測る血圧がMS診断基準として有用であることも明らかにした。

 同研究は、東北大学大学院薬学研究科の今井潤教授らの研究グループが行ったもの。対象者は、岩手県花巻市大迫町の住民395人。平均年齢は63歳だった。研究対象の綿密な解析の結果、ウエスト周囲径項目を除いたMSリスク因子の集積を検出する最適なウエスト周囲径基準値は、男性が87cm、女性80cmと判明。また、自宅で測る血圧(家庭血圧)の高値がMSの存在を予測した。しかし、医療機関などで測定する血圧(随時血圧)では予測できなかった。

 この結果は、以前の大迫研究で、インスリン抵抗性を指標としてMSの診断基準を検討した際に算出されたウエスト周囲径と同じ。現在、国内のMS診断基準値が男性85cm以上、女性90cm以上であることから、男女の基準値の見直しが必要であるとともに、MS診断基準の項目に家庭血圧を導入すべきであると結論付けた。

 なお、今回の研究成果は、10月25-27日に沖縄で開催する第30回日本高血圧学会のプレナリーセッションで報告する。

東北大学=http://www.tohoku.ac.jp/japanese/
日本高血圧学会=http://www.jpnsh.org/

オススメの記事