トレンドマイクロ、「業界初」の個人情報悪用保険つきセキュリティ製品

ニュース

2007/10/18 20:47

 トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は10月18日、「ウイルスバスター(VB) 2008」の10万本限定モデルとして、個人情報が悪用された場合に最大30万円を補償する保険をセットにした「ウイルスバスター2008 初回限定版 個人情報安心パック」を19日に発売すると発表した。同社によると、個人向けソフトで同じ補償内容の保険をセットにしたソフトはなく「業界初」。

   「ウイルスバスター 2008」に、アメリカンホーム保険会社の保険商品を組み合わせたセットモデルで、補償の対象期間はソフトをインストールしてユーザー登録後1年間。インターネット上でのカード情報の不正利用や、インターネットバンキングなどでの個人情報の不正使用で実際に金銭被害が発生した場合などが、補償の対象になる。ただし、金融機関からの補償が全く受けられないか、全額補償されないことが条件。

  10月19日にダウンロード版を発売し、パッケージ版は10月26日に販売を開始。ダウンロード、パッケージの合計販売本数が10万本に達した時点で販売を終了する。価格はオープン。トレンドマイクロの直販価格は、保険商品がつかない通常版と同じで、ダウンロード版が4980円、パッケージ版が5980円。個人のユーザーが対象で、10月31日までにユーザー登録する必要がある。

   沢昭彦・マーケティング統括本部統括本部長バイスプレジデントは、「アメリカンホーム保険会社に今回の企画に合うようにカスタマイズしてつくってもらった特別商品を加えた」と製品誕生の経緯を説明。山田剛・コンシューマビジネス統括本部マーケティングスペシャリストは、「購入者のユーザー登録をしっかり行い強固で充実した個人情報データベースを持つトレンドマイクロだからできる。他社が追随するのは簡単ではない」と自信をみせた。

トレンドマイクロ=http://jp.trendmicro.com/jp/home/
「ウイルスバスター 2008」=http://jp.trendmicro.com/jp/products/personal/vb2008/


■関連記事
本日の機種別ランキング【セキュリティソフト】
セキュリティソフト例年にない接戦、トップ3社のユーザー獲得戦略は?
トレンドマイクロ、Webからの脅威に能動的に対応する「ウイルスバスター2008」

オススメの記事