ロジテック、アルミ製ポータブルDVDドライブと堅牢ボディのポータブルHDD

ニュース

2007/10/17 18:45

 ロジテック(葉田順治社長)は10月17日、アルミボディを採用し、バスパワー駆動が可能なポータブルDVDスーパーマルチドライブ「LDR-PMD8U2」を11月上旬に発売すると発表した。税別価格は1万4700円。

 USBパスパワー駆動に対応し、USBポートから供給される電源だけで使用できるほか、PCからの電源供給が不足する場合に使用するACアダプタも付属。DVD-RAMディスクへの5倍速書き込み、1層DVD±Rディスクへの8倍速書き込み、2層DVD±Rディスクへの6倍速書き込みができる。8cmディスクにも対応し、DVD対応のデジタルビデオカメラで撮影した映像も簡単に取り込める。

 ディスクをフロントのスロットに差し込むだけで自動的にセットできる「スロットローディング方式」を採用。また、「DVD/CDブート」機能に対応し、DVD/CDからの起動をサポートしたPCなら「起動ドライブ」として使用可能。トラブル発生時に、DVDやCDからOSやリカバリディスクを起動できる。

 DVD/CDライティングソフト「Roxio Easy Media Creator 9」や動画編集ソフト「Sonic MyDVD 9 LE」などのソフトウェアも付属。本体サイズは幅133.6×奥行き160×高さ17.7mmで、USBケーブルを本体に巻き付けて持ち運べる業界初の「ケーブル巻き付けガイド」を同梱する。対応OSは、Windows Vista/XP/2000。

 また、衝撃に強いボディを採用し、ホコリの侵入を防ぐ機構を搭載したUSB接続のポータブルHDD「LHD-PSA120U2SV」も10月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万5800円前後の見込み。

 USBバスパワーで駆動可能な容量120GBのポータブルHDD。背面のコネクタが露出する部分にはホコリを防ぐ「ダストプロテクションシャッター」を装備したほか、HDDを全方向から衝撃吸収素材のクッションで支える「フローティング構造」を採用。75cmの高さからの落下実験もクリアした。バスパワーの電力が不足する場合に、もう一つのUSBポートから給電できる「USB補助電源ケーブル」も付属する。本体サイズは幅80×奥行き129×高さ23mm、重さは180g。

オススメの記事