日本ビクター(佐藤国彦社長)は10月11日、優れた音響特性を持つ「木」を振動板に採用した「ウッドコーンスピーカー」のハンドメイド・スピーカーキット「SX-WD1KT」を11月上旬に発売すると発表した。2本1組で価格は2万9400円。

 8.5cmのフルレンジユニットと無垢キャビネットを採用した、2本1組のハンドメイド・スピーカーキットのエントリーモデル。07年2月に発売したハンドメイド・スピーカーキット「SX-WD5KT」に続く第2弾で、キャビネットには天然無垢チェリー材を採用し、完成品同様、美しい響きを奏でる。

 吸音材の量の調整などにより、リスニング環境や好みに合わせて音質チューニングが可能。また、キャビネットの外装は下塗りを1回だけ済ませただけの未仕上げのため、好みの塗装で仕上げることができる。スピーカー1本の完成時のサイズは幅120×高さ160×奥行233mm、重さは1.6kg。

 また同社は、発売を記念し、コイズミ無線の協力を得て11月3日にビクタービル ニッパーズギンザで組み立て教室を開催する。組み立てに加え、キャビネットの塗装も行う。さらに、完成後は聴き比べを行い、投票によって「ベストスピーカー」を決定、優勝者には豪華商品を用意する。

 募集人数は先着8組限定。参加費用は「SX-WD1KT」の代金・講習料込みで2万9400円。申し込みは同社のWebサイトで受け付け、定員に達し次第、締め切る。なお、参加費用はスピーカーの本数で計算し、複数名で参加する場合は申し込み時にスピーカーの組数と人数を明記する。

日本ビクター=http://www.jvc-victor.co.jp/
「SX-WD1KT」=http://www.victor.co.jp/audio_w/hifi/sx-wd1kt/index.htm
「SX-WD1KT組み立て教室」=http://www.victor.co.jp/28s/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング【スピーカー】
ビクター、32V型と37V型で120コマ倍速表示のハイビジョン液晶テレビ
ビクター、ネイティブコントラスト30000:1のホームシアタープロジェクター
ビクター、インナーイヤーヘッドホン、コードを耳に掛けて装着