ゼブラ、採点結果を一瞬で集計、各種分析も可能な「手書き採点リンク」

ニュース

2007/10/05 10:24

 ゼブラ(石川真一社長)は、テストの採点を自動でデータ化して合計点を集計、結果を成績集計や分析などに活用できるデジタル文具「手書き採点リンク」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

 手書き文字やイラストをそのままPC上に取り込めるデジタル文具「手書きリンク」をベースに、テストの採点用に開発。超音波を読み取るセンサー部を搭載したクリップ形状のベースユニットを解答用紙に取り付け、ペン先から超音波を発生する専用油性ボールペンを使い○・×・△を記入して採点すると、事前に設定した配点に従って得点をPCのソフト画面に入力。さらに合計点を自動で計算する仕組み。

 採点時の×印は、/(斜線)でも認識が可能。△の場合、事前に設定した配点か、△の近くに部分点を記入した数字をデータとして読み取るか、2通りから設定できる。用紙は最大A3サイズまで対応し、通常のテスト用紙や問題集でそのまま採点できる。集計ツールを使用すれば、成績表、観点別評価表などの成績分析表を瞬時に表示することも可能。生徒ごとの成績管理をはじめ、次回のテストや授業に役立てられる。

ゼブラ=http://www.zebra.co.jp/
「手書きリンク」=http://www.zebrawing.jp/tegakilink/

オススメの記事