東芝は9月26日、HDD内蔵DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズで、「レグザリンク」に対応した「RD-S601」「RD-S301」「RD-E301」と、レグザリンク非対応のVHS一体型「RD-W301」の4機種を10月下旬から順次発売すると発表した。

 VHS一体型「RD-W301」を除く3機種は、HDMIケーブルで「レグザリンク」に対応する同社製液晶テレビと接続すると、「レグザ」のリモコンで録画予約や再生などの操作が可能。また、07年8月に総務省の情報通信審議会で提案されたコピー9回、ムーブ1回が可能な「ダビング10」にも技術仕様、放送開始時期などの詳細が決定した後に、バージョンアップで対応する予定。

 上位モデル「RD-S601」「RD-S301」は、地上・BS・110度CSのデジタルチューナー各2基ずつと地上アナログチューナーを搭載し、デジタル放送の2番組同時録画に対応する。HDD容量は「RD-S601」が600GB、「RD-S301」は300GB。一方、「RD-E301」「RD-W301」は、地上・BS・110度CSのデジタルチューナーと地上アナログチューナーを各1基ずつ装備する。HDD容量はともに300GB。

 このほか、チャンネル選局が可能で、ヨコ型とタテ型と両方表示できる電子番組表、テレビを見ながら選局できる「見ながら選択」や、画面に沿って操作するだけで簡単に初期設定ができる「はじめての設定」、DVDに簡単にダビングができる「かんたんダビング」、本編部分だけを集めて再生する「おまかせプレイ」などの機能を搭載する。フルリモコンに加え、キー数を抑えたシンプルリモコンも付属する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は「RD-S601」が12万円前後、「RD-S301」が9万円前後、「RD-E301」が8万円前後、「RD-W301」が9万円前後の見込み。発売日は「RD-S601」「RD-S301」が11月下旬、「RD-E301」「RD-W301」が10月下旬。

東芝=http://www.toshiba.co.jp/
「VARDIA」=http://vardia.jp/hdd_dvd/


■関連記事
本日の機種別ランキング【DVD・HDDレコーダー】
東芝、他社のAV機器とも連動可能な「レグザリンク」対応液晶テレビ計15機種
東芝、HD DVDレコーダーで15万円前後の普及機、300GBのHDDを搭載して
東芝、「ハイビジョンW録」対応のHDD内蔵DVDレコーダー「VARDIA」2機種