ソニー、ハイビジョン映像をワイヤレスで伝送できるロケフリ新モデル

ニュース

2007/09/05 21:30

 ソニーは9月5日、DVDレコーダーやCATVチューナーからのハイビジョン映像を無線で伝送し、離れた場所にあるテレビなどで視聴できるワイヤレスリンクセット「ロケフリ Home HD(LF-W1HD)」を発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 「ロケーションフリー」シリーズの新モデルで、無線LANに対応した送信機と受信機をセットにして販売する。1080iのハイビジョン信号を処理する独自のLSIを搭載し、映像の圧縮にMPEG-4 AVC方式を採用した民生用機器では初めてハイビジョン映像のワイヤレス伝送に対応。送信機にビデオ機器、受信機にテレビをつないで双方の電源を入れるだけで自動的に通信し、複雑な設定をすることなく、ワイヤレスでビデオ機器のハイビジョン映像を見ることができる。

 また、送信/受信機のそれぞれの上部にアンテナ6本を搭載し、使用環境に合わせて最適なアンテナを自動で選択して映像を安定伝送する。送信機に接続したビデオ機器の操作は、付属のリモコンを使って受信機側で行うことが可能。リモコンスルー機能も搭載し、送信機に接続した機器に付属するリモコンを使って遠隔操作することもできる。

 無線部は、障害物などの影響を受けにくい2.4GHz帯のIEEE802.11b/gと、電波干渉の少ない5GHz帯のIEEE802.11aに対応。送信機はD端子やコンポジット映像入出力端子を装備し、ハイビジョン対応のテレビやDVDレコーダー、CSチューナー、CATVセットトップボックスなどを接続できる。一方、受信機はHDMI出力端子、D端子などを備える。本体サイズはスタンドを含めて送信機、受信機ともに幅135×高さ208.3×奥行き135mm。

ソニーhttp://www.sony.co.jp/
「ロケーションフリー」=http://www.sony.co.jp/locationfree/


■関連記事
ソニー、どこでもTVの「ロケフリ」に新モデル、高画質機種やTV専用端末も
経産省、ネットKADEN2005を発表、第1回大賞はソニーのロケーションフリー

オススメの記事