コレガ(加藤彰社長)は9月3日、タップ型きょう体を採用した100BASE-TX/10BASE-T対応の8ポートスイッチングハブ「CG-SW08TXTAPR」を9月7日に発売すると発表した。価格は1万1025円。

 電源ケーブルを本体に直付けしたマグネット付きのタップ型きょう体を採用し、本体裏面のマグネットでスチール製の机やパーティションなどに設置できるのが特徴。きょう体の素材には軽量プラスチックを使用し、耐久性と静音性に優れたファンレス設計とした。また、ACアダプタを使用しない電源内蔵型で、電源部には信頼性の高い日本メーカー製電解コンデンサを採用した。

 全ポート100Mbps/10Mbps、Full Duplex/Half Duplexの自動認識に対応し、ケーブルの種類を選ばないAUTO MDI/MDI-X機能を搭載する。サイズは幅265×奥行き67×高さ37mm、重さは435g。

コレガ=http://corega.jp/
「CG-SW08TXTAPR」=http://corega.jp/prod/sw08txtapr/


■関連記事
本日の機種別ランキング(HUB)
コレガ、電源ケーブル抜け防止金具付きの超小型16ポートスイッチングハブ
I・Oデータ、USBポートから給電できる名刺入れサイズのスイッチングハブ