イー・レヴォリューション(久保亮三社長)は7月25日、タカラトミーが企画・開発した音声ナビゲーション機能搭載のポータブル・ワンセグテレビ「ONE-SEG TV SEGNITY(セグニティ)」を9月下旬の予定で発売すると発表した。

 通称「ツンデレTV」として前評判が高い「SEGNITY」は、タカラトミーが7月に発売する予定だったが、販路の見直しなどで発売を延期。これを同社のグループ会社イー・レヴォリューションが引き継いで発売することになった。価格はオープン。価格は「タカラトミーが当初予定していた1万9800円よりも少し安くなる」(イー・レヴォリューション広報)見込み。



   ツンデレキャラクターが音声で使い方のナビゲーションを行う、世界初の「ツンデレボイスナビゲーション」機能を搭載するのが最大の特徴。ちなみに「ツンデレ」とは、最初はツンツンした冷たい態度をとっているが、親密になるにつれて「ツンツン」した中にも照れが交じるようになり、最終的には「デレデレ」の状態になるキャラクターのこと。

  購入当初はツンツンした態度でナビゲーションを行うが、累計の利用時間が長くなるにしたがって親密度が高まり、「ツンデレ」「デレ」の3段階に態度が変化していく。例えば、購入当初は電源オフ時に「べ、別にさみしくなんかないんだからね!!」とツン状態。ある程度使い込むと同じ電源オフ時でも「そっしょうがないわね、さようならっ!」とツンデレ状態になり、最終的には「えーっ、帰っちゃうの?」とデレ状態に変化する。声を担当する声優の名前は明らかにしていないが、担当者によると「『ツンデレの女王』とも言われる有名女性声優が担当する」ことになるそうだ。

  miniSDカードスロットを装備し、miniSDカードに保存した画像や音楽データの再生が可能。また、「SEGNITY」専用の「ツンデレ」セリフを収録したminiSDカードを販売し、ナビゲーションボイスの変更もできる。



  ワンセグ放送の視聴のみに対応し、録画機能は搭載していない。2.7型の液晶ディスプレイ、出力0.3Wのモノラルスピーカーを装備する。インターフェイスは、イヤホン出力端子、外部アンテナ入力端子など。アンテナは収納可能なロッドアンテナを採用した。

  電源は単4乾電池4本を使用。USB端子経由の給電にも対応する。本体サイズは高さ61×幅99×奥行き22mmで、電池をのぞく重さは約80g。カラーはブラックとクールグレイの2色。




イー・レヴォリューション=http://www.e-revolution.co.jp/


■関連記事
イー・レヴォリューション、「チップとデール」が曲に合わせてタップダンス
イー・レヴォリューション、踊りながらコーラスするディズニーのぬいぐるみ