バッファロー、名刺サイズの高速シリコンディスク、8GBから最大56GBまで

ニュース

2007/07/19 20:10

 バッファローは7月19日、HDDの代わりに大容量フラッシュメモリを採用した小型・軽量のUSB2.0対応シリコンディスク「SHD-UHシリーズ」を7月下旬に発売すると発表した。

 幅57×高さ14×奥行き89mmと名刺並みのコンパクトサイズで、HDDのようにモータやヘッドなどの駆動部分を持たないフラッシュメモリをデータ記録用に使用しているため落下などの衝撃に強く、同容量クラスのポータブルHDDに比べて約3分の1と消費電力も低いのが特徴。2.5mからの落下テストもクリアした。

  また、信頼性や高速性に優れる「SLC(Single Level Cell)」タイプと、コストパフォーマンスに優れる「MLC(Multi Level Cell)」タイプの2種類のフラッシュメモリを用いた「ハイブリッド構成」とすることで、高速転送と低価格を実現した。書き込み時の転送速度は、シリコンディスクの従来製品「SHD-U」よりも約33%高速という。

  容量は8GB、16GB、24GB、56GBの4モデルをラインアップし、56GBのみ受注生産で販売する。重さは46-60.8g。ソフトウェアは、バックアップソフト「Acronis True Image LE」や「簡単バックアップ」などを添付。本体に内蔵可能な暗号化ソフト「Secure Lock Mobile」も添付し、付属CDからソフトを本体に登録すれば、パソコンへのインストール不要で、データを暗号化できる。

  税別価格は、8GBの「SHD-UH8G」が1万8130円、16GBの「SHD-UH16G」が3万円、24GBの「SHD-UH24G」が4万2950円、56GBの「SHD-UH56G」が9万4980円。

バッファローhttp://buffalo.jp/
「SHD-UHシリーズ」


■関連記事
バッファロー、Mac向け周辺機器を拡充、箱まで白いポータブル外付けHDDほか
バッファロー、アンテナ一体型のUSBワンセグチューナー、壁にも設置可能
バッファロー、パソコン不要のゲーム機専用無線LANアクセスポイント

オススメの記事