バッファローは6月29日、次世代の無線LAN規格「Draft IEEE802.11n」に対応し、IEEE802.11a、b、gの同時接続も可能な無線LANブロードバンドルータ「WZR?AMPG300NH」とCardBus用無線LAN子機「WLI-CB-AMG300N」を7月上旬に発売すると発表した。親機と子機をセットにした「WZR-AMPG300NH/P」も同時発売する。

 バッファローは6月29日、次世代の無線LAN規格「Draft IEEE802.11n」に対応し、IEEE802.11a、b、gの同時接続も可能な無線LANブロードバンドルータ「WZR?AMPG300NH」とCardBus用無線LAN子機「WLI-CB-AMG300N」を7月上旬に発売すると発表した。親機と子機をセットにした「WZR-AMPG300NH/P」も同時発売する。

 07年6月の電波法の改正に対応し、2つの通信帯域を使用して従来の2倍無線LANを高速化する機能「倍速モード」を搭載。複数のアンテナを実装し高速化を図る無線LAN規格「Draft IEEE802.11n」にも対応し、規格値で300Mbps(メガビット毎秒)、実効スループット153Mbpsの速度を実現した。

 従来の無線LAN規格11a、11b、11gにも対応しており、規格の異なる製品を同時に利用できる。無線LANの設定システムは、同社独自の「AOSS」と、標準規格の「WPS」の両方に対応し、さまざまな機器と簡単に設定が行える。セキュリティ機能は無線LAN暗号化規格「WPA2」に対応した。

 「WZR?AMPG300NH」は、縦横どちらでも設置できるAV調のデザインを採用。さらにアンテナ独立機構を採用し、レイアウトの自由度を高めた。また、WAN側、LAN側とも、有線LANポートは、すべてGigabitイーサネット(1000BASE-T)に対応する。「WLI-CB-AMG300N」はCardBus対応の無線LANカードで、対応OSはWindows Vista、XP、2000。

 税別価格は、ルータ単体「WZR?AMPG300NH」が3万1700円、カード単体「WLI-CB-AMG300N」が1万1500円、セットモデル「WZR-AMPG300NH/P」が4万200円。