セガトイズ(国分功代表取締役)は6月27日、目に表示されるアイコンで気持ちを伝えるペットロボット「MIO(ミオ)」を10月6日に発売すると発表した。価格は9240円。

 大きな目の液晶画面に表示するアイコンで「嬉しい」「寂しい」「眠い」「びっくり」「くすぐったい」などさまざまな感情を表現するのが特徴。ユーザーはその変化から「MIO」の気持ちを感じ取り、なでたりだっこしたりしてコミュニケーションする。

 頭・背中・あごにはタッチセンサーを備えており、なでてあげるとすぐに反応する。寂しい時に話しかければ、「MIO語」で答えて話し相手になってくれる。お腹が空いている時は、付属の「おやつのホネ」をあげると喜ぶ。気分に合わせて耳としっぽをプルプルと動かし、時にはトコトコと歩く。嬉しい時には、オリジナルサウンドを口ずさむこともある。サイズは最長約40cm、電源は単3形アルカリ乾電池4本。