飛鳥は、3月2日に「Tripper V(トリッパー・ヴイ) シリーズ発売記念限定モデル」として発表した「Tripper V40」を、同社オンラインショップ「飛鳥ダイレクトショップ」で再び限定販売すると発表した。

 飛鳥は、3月2日に「Tripper V(トリッパー・ヴイ) シリーズ発売記念限定モデル」として発表した「Tripper V40」を、同社オンラインショップ「飛鳥ダイレクトショップ」で再び限定販売すると発表した。

 販売期間は6月25日から8月30日。「飛鳥ダイレクトショップ」では21日から予約を受け付けている。HDD容量は40GBで、価格は前回と同じ3万9800円。

 「Tripper V」はHDDとメモリカードスロットを搭載し、デジタルカメラで撮影しメモリカードに保存した画像をHDDにコピーしたり、取り込んだ画像を液晶画面に表示して閲覧できるポータブル・フォトビューア・ストレージ。高速コンパクトフラッシュ(CF)やSDHCカードに対応する超高速データ転送機能を搭載し、「通常コピー」と「高速コピー」の2つのコピーモードを用意する。

 液晶画面には、大型の4.3インチWVGA液晶を搭載。RGB(レッド・グリーン・ブルー)の3色で色を表現する一般的な液晶とは違い、RGBとYMC(イエロー・マゼンダ・シアン)の計6色で色を表現するNCMリアルカラー液晶のため、より実像に近いリアルな色合いを再現する。

 画像のスライドショーやズーム表示、音楽や動画の再生機能、USBホストインタフェース機能なども備える。再生対応形式は、画像ファイルがJPEG/RAW、動画ファイルがMPEG4、音楽ファイルがMP3/AAC。対応メディアは、CF TypeI/TypeII、マイクロドライブ、SDメモリカード、miniSDカード、SDHCカード。本体サイズは幅153×高さ78×奥行き30mm、重さは370g。