ソニーは6月12日、ノートPC「VAIO」シリーズで、夏商戦向けに「type F(FZシリーズ)」「type BX」「type A」「type G」の4シリーズ計21モデルを6月23日から順次発売すると発表した。

 ソニーは6月12日、ノートPC「VAIO」シリーズで、夏商戦向けに「type F(FZシリーズ)」「type BX」「type A」「type G」の4シリーズ計21モデルを6月23日から順次発売すると発表した。

 15.4ワイド液晶搭載の新シリーズ「type F(FZシリーズ)」は、店頭販売モデル「VGN-FZ70B」「VGN-FZ50B」、OSやCPUなどをカスタマイズできるVAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデル「VGN-FZ90NS」「VGN-FZ90S」「VGN-FZ90HS」の計5モデルをラインアップした。

 いずれもディスプレイには、同社の液晶テレビ「BRAVIA」と同様の技術を使い、従来の「FEシリーズ」と比較して、色純度(NTSC比)を72%から90%にまで高めた新開発の「クリアブラック液晶(ピュアカラー90)」を採用。ハイビジョン映像を鮮明に映し出せる。また、15.4型ワイド液晶を搭載しながら、14.1型ワイド液晶のノートPCと同等のスリムボディを実現し、体積は「FEシリーズ」の約90%に抑えた。



 上位モデルの「VGN-FZ70B」は、OSにWindows Vista Home Premium、CPUにCore 2 Duo T7100(1.80GHz)を搭載。メモリは1GB、HDD容量は160GB。また、書き込みが可能なブルーレイディスク(BD)ドライブとHDMI端子を搭載し、ハイビジョン対応テレビに接続してBDプレーヤーとして使用できるほか、本体のHDDに保存したデジタル一眼レフカメラやハイビジョン対応ビデオカメラの映像を、フルHD(1080i/1080p)で出力できる。。VAIOオーナーメードモデルや法人向けカスタマイズモデルでも、パームレストがブラックのきょう体を選べば、BDドライブを選択可能。

 「type BX」はビジネス向けノートPC。14.1型液晶とWindows Vista Businessを搭載した店頭販売モデル「VGN-BX4KANB」のほか、VAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデル4モデル、法人向け標準仕様(仕様固定)モデル4モデルを取り揃える。

 「type A」は17型ワイド液晶に、地上デジタルチューナーとHDMI端子を標準搭載したAVノートPC。店頭販売モデル2モデルとVAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデル4モデルをラインアップする。

 店頭販売モデルの上位モデル「VGN-AR73DB」は、1920×1200ドットのフルHD表示に対応。BDドライブも搭載し、ハイビジョン映像をそのまま記録できる。OSはWindows Vista Business、CPUはCore 2 Duo T7300(1.80 GHz)。メモリは1GB、HDD容量は240GB。

 「type G」は、カーボン製の軽量で堅牢なボディと、最長11.5時間の長時間駆動が特徴のモバイルPC。今回、既存の「VGN-G1KBN」に「Office Personal 2007 with Power Point 2007」を搭載した店頭販売モデル「VGN-G1KBNA」を追加した。重さはバッテリ装着時で約1124g。



 価格はすべてオープン。店頭販売モデルの実勢価格は、「type F(FZシリーズ)」の「VGN-FZ50B」が20万円前後、「VGN-FZ70B」が25万円前後、「type BX」の「VGN-BX4KANB」が19万円前後、「type A」の「VGN-AR73DB」が40万円前後、「VGN-AR53DB」が28万前後、「type G」の「VGN-G1KBNA」が26万円前後の見込み。また、VAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデルのオンラインショップ「ソニースタイル」での価格は、「type F(FZシリーズ)」が12万9800円から、「type BX」が10万9800円から、「type A」が20万9800円から。