NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とNTTレゾナントは6月6日、NTT Comが開発した「リコメンデーション技術」を活用し、各ユーザーの嗜好に適したRSSを自動表示する「おすすめRSS」の共同実験を同日から12月下旬まで実施すると発表した。実験は、NTTレゾナントのポータルサイト「goo」が提供している「goo RSSリーダー(ウェブ版)」からの閲覧履歴をもとに実施する。

 「おすすめRSS」は、RSSで更新情報を配信しているウェブサイトの中から、ログインしている各ユーザーの好みに合わせた情報を含むウェブサイトのRSSを自動的に絞り込み、一覧表示する。表示にあたっては、各ユーザーの閲覧履歴をもとに、他のユーザーの閲覧履歴の集計を参照しながら、関心があると思われるRSSを類推して自動表示する。

 RSSは、いつどれくらいの頻度で閲覧したか、また同じRSSを閲覧した人たちが他にどのようなRSSを閲覧したかといった情報を基準とし、多くの人が閲覧しているRSSを重視した「人気順」や、閲覧者数よりも各ユーザーの嗜好を重視した「こだわり順」で表示できる。これによりユーザーは、自分の嗜好に適した新たな情報を容易に発見することができる。実験では、期間中「goo RSSリーダー(ウェブ版)」で同機能を無料で提供し、「おすすめRSS」に関してユーザーの利便性や満足度を検証する。

 NTT Comの「リコメンデーション技術」は、各ユーザーのRSS閲覧履歴を、閲覧した時期や頻度などを統計処理するアルゴリズムを用いて分析することで、興味があると推測される情報を把握し、適したRSSを抽出するもの。各ユーザーのRSS閲覧履歴と全ユーザーのRSS閲覧履歴を比較し、類似する閲覧履歴を持つユーザー特性を分析することで、リコメンデーションの精度向上を図った。

 今後、NTTレゾナントは、同実験で得たユーザーニーズを踏まえ、「goo RSSリーダー(ウェブ版)」における「リコメンデーション機能」の商用化を目指す。一方、NTT Comは、リコメンデーションやパーソナライズに関する技術評価を行い、新たなサービスの創出を目指す。