ニフティ(古河建純社長)は4月18日、集合住宅向け光接続サービス「@nifty光 with フレッツ マンションタイプ(マンションタイプ)」の月額料金を最大420円値上げすると発表した。

 地域とプランによって改定金額が異なり、NTT東日本エリアでは「プラン1」を3727.5円から4042.5円に、「プラン2」を3307.5円から3727.5円に改定。NTT西日本エリアでは「プラン1」を3612円から3780円に、「プラン2」を3139.5円から3465円に改定する。新しい利用料金は、5月1日以降の新規申し込み分から適用し、既存ユーザーには7月利用分から適用する。

 「@nifty光 with フレッツ マンションタイプ」は、NTT東日本/西日本のの光ファイバー回線(Bフレッツ/フレッツ・光プレミアム)を利用したブロードバンド接続サービス。

 マンションタイプは、1本の光ファイバーを多数のユーザーで共同利用する仕組みのため、サービス開始当初は1世帯あたりが利用できる回線速度に制限があった。このため、一戸建て向けの光接続サービス「@nifty 光 with フレッツ ホームタイプ(ホームタイプ)」よりも料金をかなり低く設定していたが、通信技術や機器の進歩により、現在ではホームタイプと同程度の速度でサービスを利用できるようになった。

 しかし、サービス提供に伴う費用がホームタイプと同程度発生するため、企業努力だけでコストを吸収することは難しいと判断、マンションタイプの価格改定を行うことにした。