アロシステム(大野三規社長)は、パソコン工房ブランドで、AMD製デュアルコアCPU「Athlon 64 X2」を搭載したミドルタワーPC「Librage(リブラージュ) GS906SLI」「Librage MT731X2」「Librage GS702SLI」の3機種を4月16日に発売した。

 アロシステム(大野三規社長)は、パソコン工房ブランドで、AMD製デュアルコアCPU「Athlon 64 X2」を搭載したミドルタワーPC「Librage(リブラージュ) GS906SLI」「Librage MT731X2」「Librage GS702SLI」の3機種を4月16日に発売した。

 「Librage GS906SLI」は、CPUにAthlon 64X2では初の動作クロック3GHzを達成した「Athlon 64X2 6000+(3Ghz)」、グラフィックカードに「NVIDIA GeForce8800GTS 320MB」を搭載したハイエンドゲームモデル。「Librage MT731X2」は、CPUに同じく「Athlon 64X2 6000+」を搭載し、グラフィックカードには「NVIDIA GeForce7600GT 256MB」を搭載した。

 一方、「Librage GS702SLI」は、「Athlon 64X2 5600+(2.8GHz)」と「GeForce7900GS」を搭載し、コストダウンを図った。3機種ともBTOに対応し、より高速なグラフィックカードや大容量HDDを搭載することもできる。OSはWindows XP Home Editionをプリインストールする。

 初期構成時の価格は、「Librage GS906SLI」が16万9980円、「Librage MT731X2」が13万9980円、「Librage GS702SLI」が12万9980円。なお、発売を記念し、グラフィックカードを「Librage MT731X2」は「GeForce7900GS 256MB」に、「Librage GS702SLI」は「GeForce7950GT 512MB」に無償でアップグレードするキャンペーンを実施している。