ウェブストリーム(柴原眞介社長)は3月19日、DVDソフトをパソコンのHDDに保存することなく、直接DVDメディアに記録するオンラインの動画販売サービス「DVD トースター」を4月から開始すると発表した。映像製作会社や大手広告代理店やテレビ局、映画会社などの利用を見込む。

 「DVD トースター」は、オンライン上でDVDソフトをダウンロード販売する有料の動画サービスで、購入したデータはDVDメディアに直接保存する。ユーザーのパソコンのHDDにはデータは残らないため、DVDの映像データの二次利用を制限することができる。

 具体的には、インターネット経由で、ユーザーのパソコンのDVD-R/RW書き込み対応のDVDドライブを直接操作。ダウンロードしたDVDビデオのデータをDVDメディアに順次書き込む。DVDビデオのデータをダウンロードする機能と書き込む機能は1つのプログラムとして、パソコンに半自動的にインストールされるため、ユーザーは事前にソフトウェアの用意が不要。サイト上の指示に従うだけで、簡単にDVDへダウンロード書き込みが完了する。

 コピー防止には、マクロヴィジョン社の著作権保護技術「RipGuard」「ACP」を採用した。DVDビデオのデジタル、アナログコピーを防止するサービスも提供する。

 サービスはASPで提供するため、ECサイトでデータを販売することが可能で、コンテンツを販売するソフト会社などは初期投資が少なくて済む。DVDを販売する企業には売れた数だけ一定の販売マージンが課金される。

 第1弾として、東映アニメーション(高橋浩社長)が同サービスの採用を目標に、3月22日から東京ビッグサイトで開催される「東京国際アニメフェア2007」でサービスを利用したデモンストレーションを実施する。