MCJ(高島勇二代表取締役会長)は、インテルのデュアルコアCPU「Core Duo」と、ディスプレイに高精細WSXGA+(1680×1050画素)の17型ワイド液晶、エヌビディアの「GeForce Go7600」を搭載したノートPC「m-Book GW」シリーズを発売した。同社の直販サイトなどを通じ順次販売する。

 エントリーモデル「m-Book GW2300MD」とパフォーマンスモデル「m-Book GW2500MD」をラインアップした。2モデルともにCPU、メモリ、HDD、光学ドライブなどのカスタマイズが可能なBTOに対応する。本体サイズは幅392.5×奥行き290×高さ37mm、重さ4.2kg。

 「m-Book GW2300MD」は、CPUがCore Duo T2300E、メモリ1GB、シリアルATA対応HDD80GB、DVD±R2層対応8倍速DVDスーパーマルチドライブを搭載した構成で価格が17万2200円。

 一方、「m-Book GW2500MD」は、CPUにCore Duo T2500、メモリ2GB、シリアルATA対応HDD100GB、DVD±R 2層対応8倍速DVDスーパーマルチドライブの構成で21万2100円となる。

 同時に、インテルの「Core Duo」、12.1型のWXGAワイド光沢液晶ディスプレイ、本体カラーにパールホワイトを採用した高性能モバイルノートPC「m-Book SW」シリーズの新製品2モデルも発売する。

 「m-Book SW」シリーズもエントリーモデルの「m-Book SW2300MD」とパフォーマンスモデルの「m-Book SW2500MD」を揃えた。こちらもCPU、メモリ、HDD、光学ドライブなどのカスタマイズが可能なBTOに対応する。

 価格は、「m-Book SW2300MD」でCPUにCore Duo T2300E、メモリ512MB、HDD80GB、DVD±R 2層対応8倍速DVDスーパーマルチドライブ、無線LANを搭載した構成で15万2250円。

 「m-Book SW2500MD」ではCore Duo T2500、メモリ1GB、HDD100GB、DVD±R 2層対応8倍速DVDスーパーマルチドライブの構成で価格が17万7450円。

 「m-Book SW」シリーズの本体サイズは、幅303×奥行き225×高さ26-28mm、重さ1.93kg。