ツタヤオンライン(服部達也社長)は5月29日、同社が運営する「TSUTAYA online(TOL)」で書籍のネット販売を開始したと発表した。取り扱い書籍数は180万冊、80万タイトルで国内最大規模。グループ会社でレンタルビデオチェーン「TSUTAYA」を運営するTSUTAYAと連携、ネットと実店舗を連動したサービスを提供し、ネット専業のアマゾンジャパンなどに対抗する。

 ツタヤオンライン(服部達也社長)は5月29日、同社が運営する「TSUTAYA online(TOL)」で書籍のネット販売を開始したと発表した。取り扱い書籍数は180万冊、80万タイトルで国内最大規模。グループ会社でレンタルビデオチェーン「TSUTAYA」を運営するTSUTAYAと連携、ネットと実店舗を連動したサービスを提供し、ネット専業のアマゾンジャパンなどに対抗する。

 書籍はPC、携帯電話から購入が可能。人気TVドラマや映画と原作本をセットに紹介するといった音楽や映画などのエンターテインメントコンテンツと組み合わせた販売やTSUTAYAの書籍・雑誌販売店、430店舗の店頭情報と連携した販売など独自サービスを展開することでアマゾンなどとの違いを打ち出す。ポイントサービスや配送料を無料にするなどのキャンペーンも実施する。

 取り扱い書籍数は日本出版販売(鶴田尚正社長)と提携することで確保した。また、日本出版販売と親会社のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(増田宗昭社長)が共同で設立したMPD(吉川英作社長)とも提携し、商品の供給を受ける体制も整えた。初年度で20億円の売り上げを見込む。

 TOLはTSUTAYAの店舗と連動したサービスなどを展開。現在会員数は900万人で、同社では新サービスをテコに今年度末までに1000万人まで会員を拡大したい狙い。