クイックサン(安達寛高社長)は、2560×1600のWQXGA表示に対応した30インチワイドTFT液晶ディスプレイ「QHD-M30W」を発売する。すでに5月27日からソフマップ4店舗で先行販売しており、6月中旬から全国で販売する。価格は19万8000円。

 明るい場所でも美しく表示する輝度300カンデラ平方メートル、引き締まったリアルな「黒」を再現するコントラスト比400:1、視野角は水平/垂直ともクラス最上位となる176度の液晶パネルを採用。1280×768のWXGAを4画面表示できる最大解像度2560×1600の広い作業領域を持ち、A3の実寸表示もサポートする。

 また、きょう体には丈夫なアルミニウムを採用し、ディスプレイ枠の幅を狭く仕上げた。これにより、複数のディスプレイを並べた環境での利用にも適している。