リンタをセットにした「Kodak EasyShare DPS C533&PDS3」を6月初旬に発売する。同社オンラインショップ「Shop@Kodak」をはじめ、総合スーパー、ホームセンター、カメラ店などで販売する。価格はオープンで、直販価格は2万9800円。

 コダック(小島佑介社長)は、有効500万画素のデジタルカメラとフォトプリンタをセットにした「Kodak EasyShare DPS C533&PDS3」を6月初旬に発売する。同社オンラインショップ「Shop@Kodak」をはじめ、総合スーパー、ホームセンター、カメラ店などで販売する。価格はオープンで、直販価格は2万9800円。

 デジタルカメラで撮影した写真をPCレスでプリントできるセットパッケージ「Kodak EasyShare デジタルフォトソリューション(DPS)」シリーズの新製品。「Kodak EasyShare C533 Zoom デジタルカメラ」と、フォトプリンタ「Kodak EasyShare プリンタードック シリーズ3 PD-S3」をセットにした。

 「Kodak EasyShare C533 Zoom」は、光学3倍ズームを搭載した有効画素数500万画素のデジタルカメラ。1.8型の液晶モニターのほか、カメラ本体で画像トリミングできる機能や「2連写セルフタイマー」機能などを備える。

 「プリンタードック シリーズ3 PD-S3」は昇華型熱転写式のフォトプリンタで、対応するデジタルカメラをプリンタのドックに置くだけで、最短75秒でLサイズの写真を出力できるのが特徴。ボタン1つでカメラの画像をPCに転送したり、ドック経由でカメラを充電することもできる。