ソニーは5月25日、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「ウォークマン E シリーズ」の新製品として、「NW-E005/E003/E002」の3機種を6月10日に発売すると発表した。容量は「NW-E005」が2GB、「NW-E003」が1GB、「NW-E002」が512MB。価格はオープン。

 対応音楽フォーマットとして、従来のATRAC、MP3、WMAに加え、新たにAACにも対応したのが特徴。本体にUSB端子を搭載し、キャップを外すだけでパソコンのUSBポートにダイレクトに接続できる。約1時間でフル充電が完了し、最長約28時間の連続再生を実現。従来機種同様、約3分の充電で約3時間再生の高速充電にも対応する。

 また本体のデザインを一新。サイズは幅24.8×高さ79.0×奥行き13.6mm、量さは充電池込みで約25g。ディスプレイには、1行表示に対応した有機ELディスプレイを搭載しており、再生中の曲の情報や時計、日付などを表示できる。

 カラーは、2GBモデルはブラックとバイオレットの2色、1GBと512MBモデルはブラック、バイオレット、ピンク、ブルー、ライムグリーンの5色で、ブラックには同色のヘッドホン、その他のカラーにはホワイトのヘッドホンが付属する。また「ソニースタイル」限定モデルとして、シルバーカラーの2GBモデル「NW-E005/S」も用意する。

 実勢価格は、「NW-E005」が1万8000円前後、「NW-E003」が1万3000円前後、「NW-E002」が1万円前後の見込み。「ソニースタイル」限定モデル「NW-E005/S」の販売価格は、送料別で1万6800円の予定。

 このほか、アームバンド、ケース、ステレオヘッドホンなどのウォークマン関連アクセサリも同日に発売する。実勢価格は、防滴クリアケース「CKH-NWE001」が3000円前後、シリコンケース「CKM-NWE001」が2000円前後など。