マイクロソフトは、デジタル画像の整理と編集ができる統合型デジタルイメージングソフト「Digital Image シリーズ」の最上位モデル「Digital Image Pro Plus」を6月23日に発売する。価格は1万7800円。

 「Digital Image Pro Plus」は、マイクロソフトのフォトレタッチソフト「Digital Image Pro 2006」とピナクルシステムズ社のビデオ編集ソフト「Pinnacle Studio v.10.5」をひとつのパッケージにまとめたもの。デジタル写真の編集とデジタルビデオの編集の両方を行うことができる。

 「Digital Image Pro 2006」はデジタル写真の取り込みから整理、補正、加工、保存、印刷までを行うことができるフォトレタッチソフト。多数のデジタル写真をすばやく閲覧、整理できる「Digital Image Library」と高度なレタッチ機能を搭載する。

 「Pinnacle Studio v.10.5」はデジタルビデオやデジタル写真からオリジナルムービーを作成することができるビデオ編集ソフト。BGMや切り替え効果を加えたり、DVDメニューを付けることができる。

 また「Digital Image Pro Plus」の発売記念として、5月23日から8月9日まで「Digital Image Pro Plus」「Digital Image Pro 2006」購入者に限り抽選でデジタルビデオカメラがあたるキャンペーンを実施する。