アーベル(坂本卓志社長)は、ノートパソコン用補助バッテリー「GETPOWER PLUS」シリーズ6モデルを5月22日に発売した。価格はオープンで、実勢価格はそれぞれ1万5800円前後の見込み。

 4800mAhと、純正バッテリーと同等の容量を確保した充電式リチウムイオン電池で、プラグチップが交換でき幅広い機種に対応する。バッテリー残量は4段階にわけてLED表示し、純正ACアダプタでの充電もできる。サイズは幅80×奥行き165×高さ23mm、重量420g。

 ラインアップはソニー用の「AGP03NBSO」、NEC用の「AGP03NBNE」、富士通用の「AGP03NBFU」、IBM用の「AGP03NBIB」、東芝用の「AGP03NBTO」、松下電器用の「AGP03NBPN」の6モデル。