エニーユーザー(宮町秀恒代表取締役)は、PC用の電話サービス「freep(フリープ)」を5月22日に開始した。

 「freep」は「誰でも使える簡単PC電話」をコンセプトに開発した、日本発のPC用の電話サービス。「freep」加入者同士の通話はテレビ電話も含めてすべて無料。一般固定電話には全国一律3分間8.3円、携帯電話には1分間18.27円でかけられ、100を超える国と地域への国際電話にも対応する。

 課金方法は「プリペイドコース」と「freep050番号コース」の種類。「プリペイドコース」は、freep番号を持ち、freep間の無料通話を行うことが可能。プリペイド通話料金(freepチャージ)を購入すれば、一般電話への発信が可能となる。初期費用、基本料金は不要。プリペイド通話料金の購入は500円からで、クレジットカードだけでなくコンビニでも支払いできる。

 「freep050番号コース」はfreep番号のほかに050番号を取得し、freep間の無料通話のほか、050番号を利用した一般電話への着発信も可能。freepの050番号を着信先に通知でき、freepへコールバックできる。初期手数料は2100円。基本料金が毎月315円で通話料は後払い。

 ユーザーは、あらかじめ配布されている「freepカード」にあるULRからソフトをダウンロードしインストール。さらに「freep番号」「ログインパスワード」を入力してソフトウェアを起動する。PC上の操作画面は使いやすい携帯電話スタイルのデザインインターフェースを採用。市販のWebカメラを使用すれば、テレビ通話もできる。

 サービスの開始にあたり同社では、複数のパートナー企業と提携してキャンペーンを展開し、「freep」のユーザー拡大を図るっていく方針。パートナー企業は、アマゾン・ジャパン、石丸電気、イーバンク銀行、、エイチ・アイ・エス、ニッセン、ノジマ、ローソンの7社。