ヤフー(井上雅博社長)と東日本旅客鉄道(JR東日本、清野智社長)は5月22日、インターネット事業と電子マネー事業で業務提携すると発表した。

 ヤフー(井上雅博社長)と東日本旅客鉄道(JR東日本、清野智社長)は5月22日、インターネット事業と電子マネー事業で業務提携すると発表した。

 両社の提携によって、ヤフーのネットショッピングやオークションでJR東日本の電子マネー「Suica」「モバイルSuica」を利用できるようにするほか、さまざまな利用シーンの拡大を目指す。JR東日本の見並陽一取締役IT事業本部長は、現在、1日に約28万件ある Suica の決済数を例に引きながら「リアル店舗と同じくらいの規模の決済がネットで行われるのでは」と期待する。

 まず来春をめどに、ヤフーのポータルサイト「Yahoo! JAPAN」上で、携帯電話を使った電子マネーサービス「モバイルSuica」を使った決済サービスを開始する。カード型の「Suica」決済についての導入も検討していく。

 さらに07年度冬を目標に「Yahoo! JAPANカード」と「ビュー・スイカ」カードの一体型提携カード「Yahoo! JAPANカード Suica」を発行。「Yahoo! JAPANカード Suica」でのクレジット利用に応じて「Yahoo!ポイント」が溜まり、溜まったポイントを鉄道運賃の支払い、乗車券類との引き換え、電子マネーに利用可能な「Suica SF(ストアードフェア)」に変換できるサービスも提供していく予定だ。

 また「Yahoo!ショッピング・オークション」で購入した商品を東日本キヨスクが運営するコンビニエンスストア「NEWDAYS」や駅構内のコインロッカーで受け取り、支払いができるサービスや、PCからダウンロードしたクーポンを「Suica」に登録し、店舗で利用できるサービスの提供も検討中。このほか、ヤフーのインターネット広告とJR東日本の駅・交通広告を連動させ、生活者に密着したクロスメディア広告、エリアターゲティング広告も実現も目指す。

 さらにJR東日本では、決済システムについて他社とのコラボレーションの可能性について、「前向きに検討していく」(見並取締役)とし、積極的に取り組んでいく意向を明らかにした。