アクト・ツーは、Softpress社のMac OS X用ホームページ作成ソフト「Freeway4 Express」とその上位版「Freeway4 Pro」を5月26日に発売する。

 「Freeway4」は、HTMLやプログラミングの知識を必要とせず、紙にレイアウトする感覚で簡単にWebサイトを作成できるオーサリングソフト。写真やテキストなどをドラック&ドロップでレイアウトウインドウに配置してページを作成できる。最新版ではインターフェイスを一新し、より使いやすくなった。

 上位版の「Freeway4 Pro」は、CSSテキストスタイル設定とCSSレイアウトのフルサポートをはじめ、より強力な機能を搭載。HTML3.2/4.01、XHTML Transitional、Strictなどの多彩な出力オプションや、リンクマップやアクション作成機能なども備える。一方、「Freeway4 Express」は機能を絞り、より手軽に購入できるようにした。対応OSはともにMacOS X 10.2.8以降で、Intel製CPUを搭載した機種にも対応する。

 価格は、「Freeway4 Express」が1万5540円、「Freeway4 Pro」は2万7800円でダウンロード販売のみとなる。また、旧バージョンユーザー向けに、5月19日から「Express」と「Pro」のアップグレード版のダウンロード販売も行う。

 このほか、ワープロ、表計算、プレゼンテーションの3ソフトを統合した「ThinkFree Office 3」も5月19日からダウンロード販売を実施する。価格は4480円だが、デビューキャンペーン期間中は3480円。

 ワープロ、表計算、プレゼンテーションの各ソフトとも、Microsoft Officeとの高い互換性を持ち、Microsoft Office文書形式を読み取ったり、編集後保存したりできるのが特徴。対応OSはWindows 98/Me/2000/XPとMac OS 10.4以降。