レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は5月19日、SOHO向けPC「Lenovo 3000」シリーズのデスクトップPC「Lenovo 3000 J100 Small Desktop」に、OSにWindows XP Professionalをプリインストールした4モデルを追加し、5月中に発売すると発表した。

 これまで、「Lenovo 3000 J100 Small Desktop」のOSではWindows XP Home Edition SP2を搭載して販売していたが、ユーザーの要望が多かったことから、今回、XP Proの搭載モデルを新たに追加した。なお、「Lenovo 3000」のノートPCではXP Proの搭載モデルの販売を開始している。

 4モデルとも、17型または19型のTFT液晶ディスプレイを組み合わせたセットモデルで、CPUにはHTテクノロジー対応Pentium4やCeleronDなどを搭載する。ダイレクト価格は、レノボ製17型液晶セットモデルで9万円台を予定しており、5月中に販売と出荷を開始する。