KDDI(小野寺正社長兼会長)と米グーグル(エリック・シュミット会長)は5月18日、携帯電話向けサービスで業務提携すると発表した。第1弾として、KDDIの携帯電話ブランド「au」向けに、グーグルの検索エンジンを採用したインターネット検索サービスを7月に開始する。

 まずauのネットサービス「EZweb」のトップページに「検索ボックス」を設置し、「EZweb」に含まれるコンテンツにダイレクトにアクセスできるようにする。たとえば、着うたなどを検索した場合は、ダウンロードページへのダイレクトリンクを表示するしくみ。さらに、PC向けのコンテンツもあわせて表示する。また、検索結果ページに検索キーワードに沿ったテキスト広告を表示する機能も提供。サービスはauの全端末で利用できる。

 会見でKDDIの高橋誠・コンテンツ・メディア事業本部長は「携帯電話の検索サービスに不満を持っていた若者に特に使ってもらいたい」と若年層の利用拡大を狙う。さらに「新サービスでダウンロードや情報などのコンテンツサービスも必ず活性化する」と相乗効果への期待も語った。



 同じく会見に出席した米グーグルのディープ・ニシャー・モバイルプロダクト・マネジメントディレクターは「グーグルもKDDIもイノベーションを追求してユーザーの利便性を図る会社で、それが今回のパートナーシップに結びついた」と提携の理由を述べた。



 グーグルとの提携による第2弾以降のサービスは今のところ未定だが、「グーグルがPC向けに提供しているサービスを『EZweb』用にカスタマイズして提供する」(高橋本部長)方針。