クリエイティブメディア(クリエイティブ)は、コンパクトサイズでスタジオモニター並みの再生能力を持つフルレンジステレオスピーカー「Creative GigaWorks T20」を6月上旬に発売する。価格はオープン。オンラインショップの直販価格は1万2800円。

 中低音域ドライバーにグラスファイバーコーンを使用。布製ドームツィーターと組み合わせることで小型ながら原音に忠実な音を再現できるようにした。スピーカー内部から音場への音波の流れを作り出すよう音響学的にしたデザイン「BasXPort」を採用し、しっかりした低音域を再生する。

 そのほか、電源やボリュームなどをすぐに操作できるフロントアクセスや携帯オーディオなどを接続できるAUX入力端子をフロントパネルに備えた。サイズは幅83×奥行き138×高さ230mm、重さは1台で約1kg。専用ACアダプターが付属する。

 同時に音楽や動画が再生できる携帯オーディオ「Creative ZEN VISION:M 30GB SD」も発表した。5月19日に発売する。オープン価格で、直販価格は3万7800円。05年12月に発売した「Creative ZEN VISION:M 30GB」からACアダプターを除き、価格を下げた。

 MP3、WMA、WAVの音楽ファイル、MPEGやWMV、DivXなどの動画、静止画ではJPEGの再生が可能で、FMラジオの受信や録音、ボイスレコーダー機能も搭載する。ディスプレイには26万2144色が表示可能な2.5型バックライト付きカラー液晶を採用した。HDDは30GBで、音楽ファイルで約1万5000曲、動画で約120時間分の保存が可能。電源は内蔵リチウムイオンバッテリーで音楽が最大約14時間、動画では最大約4時間の連続再生ができる。ボディーカラーはブラックとホワイトの2タイプ。