カシオ計算機は5月15日、世界最高水準の体積当たり出力密度を持つ携帯機器向け燃料電池用発電セルスタック(単セルとセパレーターを積み重ねた積層体)を開発したと発表した。

 開発した発電セルスタックは、メタノールから水素を取り出し発電セルに送る「改質型燃料電池」で使用される部品で、セパレーターとMEA(膜・電極接合体)からなる発電セルを20枚重ねた積層構造となっている。

 ガス封止機構の小型化、メタノール改質ガスの特性に合わせたガス流路の最適化、一酸化炭素に対するMEAの耐性改善、部材の高密度化などの技術を集約。縦65×横18×高さ19mmの体積22mlのサイズで19.4Wの出力と、携帯機器用で世界最高となる体積あたりの定格出力(体積出力密度)882W/Lを達成した。

 カシオでは半導体加工技術を応用し、メタノールから水素を取り出す小型改質器(マイクロ改質モジュール)を開発しており、今回開発した発電セルスタックと組み合わせることで、小型・高出力の携帯機器用燃料電池を開発する方針。燃料カートリッジを含め同体積のリチウムイオン充電池と比較すると、ノートPCの場合、燃料電池の方が約4時間長く駆動させることができるという。

 今後は周辺部品や回路などの整備を進め、07年をめどに性能評価用サンプルを出荷する計画。