コレガ(加藤彰社長)は、MP3、WMAに対応したデジタルSDプレーヤーを5月14日に発売する。本体色がホワイトの「CG-SP100W」とブラックの「CG-SP100B」をラインアップした。価格はオープン。実勢価格は2機種とも4380円前後の見込み。

 MP3、WMA形式の音楽ファイルを保存したSDメモリーカードを挿入することでMP3プレーヤーとして利用できる。対応OSはWindows 2000/XP。専用の転送ソフトは不要で音の品質はオーディオCDと同等の90dB。SDメモリーカードは別売りとなる。

 「ノーマル」「クラシック」「ライブ」「ポップ」「ロック」と音楽のジャンルに合わせて音質を調整できる5種類のイコライザを搭載する。ディスプレイは日本語表示に対応し、ID3タグによる曲名、アーティスト名が表示できる。

 PCに直接USBケーブルで接続することでSDカードリーダ/ライタとしても利用できる。本体サイズは幅59×奥行き16×高さ49mm、重さは23gで、単4電池で約12時間の連続再生が可能。