京セラミタ(関浩二社長)は、モノクロ毎分32枚のA3判ネットワークプリンタ「ECOSYS LS-6950DN」を5月下旬に発売する。税別価格は15万8000円。

 従来機の「ECOSYS LS-6820N」に比べ、印字速度を毎分25枚から32枚へとスピードアップ。用紙の削減になる両面印刷機能も標準装備しながら幅469×奥行き395×高さ285mmとクラス最小のサイズを実現した。

 また、プラスローラ帯電方式の採用によりオゾンフリーを達成し、A4判1枚あたりのランニングコストを0.6円に抑えた。稼動時の動作音を53dBから49dBに下げる静音化も図ったほか、スリープモード時にはファンを停止させて、音が発生しないようにした。さらに06年7月1日よりEUで施行される「RoHS指令」に適合するなど環境面にも配慮している。