パイオニアは、HDDカーナビゲーションシステム「サイバーナビ」の新モデルを5月下旬から順次発売すると発表した。7.0型のVGA液晶ディスプレイを採用したインダッシュ型など5機種を販売する。

 全機種とも別売りの地上デジタルTVチューナー「GEX-P9DTV」(価格:10万5000円)を接続することで、携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」を含む地上デジタル放送が楽しめるのが特徴。タッチパネルによる操作や現在地に応じて受信可能なテレビ局を自動的にプリセットする「ナビマップリンクTV 局エリアプリセット」、現在地から郵便番号データを認識しデータ放送の受信エリアを自動的に設定できる機能なども備える。

 音楽配信サービスにも対応しており、PCで「Mora」や「Yahoo!ミュージックダウンロード」などの音楽配信サイトより購入したATRAC形式の楽曲をジャストシステムのデジタルオーディオソフト「BeatJam」を利用してカーコンピューター部と40GBのHDDを内蔵した小型ユニットに転送することができる。また、カーナビとしては初めて、音楽配信サービス「エニーミュージック」にも対応した。

 カーナビ機能では、、「文字拡大」「道路重視」「施設重視」「住所重視」の4つのパラメーターごとで3段階のレベル調整が行える「マップイコライザー」機能を新たに搭載したほか、VGA液晶の特徴を生かし、道路、文字、ロゴマークを高精細で表示したり、3D地図表示では建物の外観や形状よりリアルに表示できるようにした。

 ほかにも停めた駐車場の入り口を記憶し、次に同じ目的地を設定した時には自動的に駐車場の入り口まで誘導する「オートパーキングメモリー」や通過予測時刻の気象情報データを使って渋滞予測を行うルート探索機能なども盛り込んだ。

 ラインアップは、7.0型ワイド液晶のインダッシュ型でTV、DVDビデオ、MD、CD機能をはじめ、WMA、MP3、AAC、DivXと5.1chに対応する「AVIC-VH009MD」、7.0型ワイド液晶のインダッシュ型でTV、DVDビデオ、CD機能、WMA、MP3、AAC、DivXと5.1chに対応する「AVIC-VH009」、7.0型ワイド液晶で2Dメインユニットタイプ「AVIC-ZH009」、オンダッシュTV付き1Dソースユニットタイプ「AVIC-XH009」、1Dソースユニットタイプ「AVIC-H009」。なお、「AVIC-ZH009」は音楽配信サービスには対応しない。

 価格は「AVIC-VH009MD」(6月上旬発売)が35万7000円、「AVIC-VH009」(6月上旬発売)が33万6000円、「AVIC-ZH009」(5月下旬発売)は29万4000円、「AVIC-XH009」(6月下旬発売)は30万4500円、「AVIC-H009」(6月上旬発売)で21万円。