松下電器産業(中村邦夫社長)は5月11日、ハイビジョン映像の記録・再生ができるHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」準拠したハイビジョン映像をSDメモリーカードに記録するための技術開発を開始すると発表した。

 SDメモリーカードに記録する仕様は、1080i方式や720p方式のHD信号を8cmDVDディスクに圧縮符号化技術を用いて記録するHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」に準拠する。映像圧縮にはMPEG-4 AVC/H.264方式を、音声にはドルビーデジタル(AC-3)方式リニアPCM方式を採用。同規格を使うことで、小型でもハイビジョンビデオカメラの開発が可能になる。

 松下は、これまでにSDメモリーカードを採用した業務用ハイビジョンビデオカメラを商品化している。今後は、8cm DVD AVCHD規格の仕様策定に加えて、SDメモリーカードに記録するための技術開発と再生・編集環境を構築、DVD、SDメモリの特長を生かした商品開発を進める。