松下電器産業(中村邦夫社長)とソニー(中鉢良治社長)は5月11日、8cmDVDディスクでのデジタルハイビジョン映像の記録・再生ができるHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」の基本仕様を策定したと発表した。

 「AVCHD」規格は、1080i方式や720p方式のハイビジョン信号を8cmDVDディスクに圧縮符号化技術を用いて記録するHDデジタルビデオカメラの規格。映像圧縮にはMPEG-4AVC/H.264方式を、音声にはドルビーデジタル(AC-3)方式またはリニアPCM方式を採用する。

 両社ではHDデジタルビデオカメラ規格として、家電をはじめとする関連する業界に積極的に提案する一方、各種ライセンスについての準備も始める。